薄毛の悩みなら『発毛相談所』

10代で薄毛を発症したらマッサージをするべき?

10代で薄毛が気になるという人は少ないですが、抜け毛が一時的に増える場合はあります。
そのような場合は、血行促進のためにマッサージを行うとよいでしょう。
薄毛のツボ刺激は意識する必要はなく、頭皮を指圧して動かすだけでいいのです。
動かすことで可能範囲が広がり、それに伴って血行も促進されていきます。
抜け毛が気になる方に多く見られる特徴は、頭皮がカチカチに硬くなっていることです。
体質の問題もありますが、頭皮という部位は動かすことがないため、非常に硬くなりやすいのです。
よく帽子を着用する方なら、圧迫によって血行が悪くなります。
悪条件が重なれば、10代で薄毛を促進するケースもあるので注意が必要です。
洗髪をしたあと、ドライヤーで髪を乾燥させてからマッサージをしてください。
完全に乾燥させるとマッサージしにくくなるので、少し湿りが残る程度までの乾燥でかまいません。

薄毛が本格的に気になり始めるのは、30代~40代という方が多いですが、頭皮ケアは10代で始めるべきです。
若い時代の頭皮ケアが、10年後の頭皮・髪の状態を左右してしまうのです。
頭皮が硬くてもすぐ抜け毛につながることはありませんが、その状態が継続すると悪いのです。
悪習慣が続くことで頭皮環境を悪くし、抜け毛・薄毛を促進してしまいます。

10代で頭皮ケアを行っておくことで、頭皮や髪の異常にもいち早く気づけるというものです。
抜け毛は毎日チェックしていなければ、増えても気づけないものです。
毎日シャンプー後の抜け毛をチェックしたり、枕に付着した抜け毛を意識したりすることで、抜け毛が増加した場合にすぐ対処できるのです。
薄毛を予防するために最も効果的なのは、抜け毛を予防することなのです。