薄毛の悩みなら『発毛相談所』

薄毛やハゲに効果があるミノキシジル

薄毛やハゲの発毛剤に使用されている成分に、ミノキシジルがあります。
医療機関での男性型脱毛症の治療の場合に、内服薬のプロペシアや外用薬としてのミノキシジル、内服薬のミノキシジルタブレットなどが処方される事があります。
ミノキシジルタブレットは、日本国内では医師の処方箋が必要となりますが、塗るタイプのミノキシジルを含む製品は市販されている物もあります。
ミノキシジルは最初は血圧を下げる目的で使用されていた成分ですが、血行を促進するため毛母細胞に作用して発毛を促進させる効果がある事が分り、薄毛やハゲの治療に使用されるようになりました。
副作用としては痒みや湿疹が多く、その他血圧低下や不整脈、動悸、めまい、頭痛などが見られる事もあります。
女性向けの商品も市販されていますが、副作用が出やすいため、ミノキシジルの含有量が1%以下が良いとされています。
女性にも効果はあるとされていますが、副作用のひとつに、顔の毛が濃くなったり、女性の薄毛やハゲの原因が女性ホルモンに深く関係している事や過剰なヘアケアのためなどが多いため、他の成分の発毛剤を使う方が良いと考えられています。
また、未成年の使用も避けた方が良いとされています。
本来、日本で購入できる市販のミノキシジルを含有する内服薬はなく、塗るタイプの発毛剤も種類は多くありませんが、通販や個人輸入などで購入できる内服薬や外用薬もあります。
外国の製品には、日本で禁止されている成分を含んでいる場合や、日本人向けに製造されていないため体質的に合わない事、偽物も見られる事もあるので、購入する時には注意が必要です。
医療機関では保険適応にならないため自己負担になりますので、副作用に充分気を付けて利用したいものです。